メール環境が劇的に安定する、強固なクラウドメールサービス。

メールのセキュリティ対策をオールインワンで実現。

CWJ Secure One

サイバーウェイブジャパンのクラウドメールサービス CWJ Secure One

CWJ Secure One CWJ セキュア ワンとは

高機能クラウド型メールに多段フィルターによる高度なマルウェア検知機能、独自のサンドボックス機能を搭載し、標的型メール対策、脱PPAP対策など送受信双方に対応した統合メールセキュリティです。

CWJ Secure Oneなら、もうメールで悩まされることはありません。

CWJ Secure Oneなら、もうメールで悩まされることはありません。

  • ・ 標的型メール攻撃を防ぎます。
  • ・ 迷惑メールの受信を減らします。
  • ・ 未知のウィルスを防ぎます。
  • ・ メール誤送信による情報漏洩リスクを減らします。

驚きの高機能!
CWJ Secure One パッケージ内容 CWJ Secure One Package

高性能Webメール

高性能Webメール

高性能Webメールサービスで、リモートワークも快適。

ウィルスメール駆除・迷惑メール隔離

ウィルスメール駆除・
迷惑メール隔離

ウィルスメール駆除・迷惑メール対策

サンドボックス

サンドボックス

未知のウイルスでも挙動により検出。

Advanced MailおよびPreminum Mail選択時のみ。

添付ファイル無害化

添付ファイル無害化

Preminum Mail選択時のみ。
Advanced Mail選択時は簡易版になります。

メールコンテンツ無害化

メールコンテンツ無害化

Advanced MailおよびPreminum Mail選択時のみ。

メール送信時の添付ファイルを自動分離・リンク化(脱PPAP)

メール送信時の添付ファイルを
自動分離・リンク化(脱PPAP)

Advanced MailおよびPreminum Mail選択時のみ
(Standard Mailは有償オプション)。

メールのセキュリティ対策をオールインワンで実現する
「CWJ Secure One」紹介動画

※再生ボタンを押すと音が出ますのでご注意ください。

営業から詳しくご案内します。

電子帳簿保存法への対応のためにWEBメールをお探しの方は、2023年12月末までの対策をおすすめします。
お早めにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

各機能詳細とメリットについて

「CWJ Secure One」には、すぐに使える高性能なWebメールや迷惑メール対策などさまざまな機能がパッケージされています。含まれる各機能の詳細とメリットは以下の通りです。

高性能WebメールHigh-performance webmail

高性能Webメール

PC、スマートフォン等マルチデバイスに対応したWebメールをご利用することができます。
ソフトウェアのインストール不要ですぐに使い始められ、パソコンの交換や買い替え時にもデータ移行も必要ないことがメリットです。
さらに、専用の管理者画面から全ユーザーを管理できるので支店など拠点が複数ある場合でも一括管理ができ、効率的なメールの管理ができます。

※ IMAP、POPに対応しており、メールクライアントソフトも併用してご利用いただけます。

標的型メール攻撃を防ぎますPreventing Targeted Email Attacks

標的型メール攻撃を防ぎます

迷惑メールの隔離・駆除

多段フィルター(※)により迷惑メールを迅速かつ的確に見つけ、隔離または駆除します。多言語スパム駆除率約97%の実績があります。

迷惑メールのフィルタリングを自動で行い、メール経由のウィルス侵入を防止できることがメリットです。

※CYREN社の「RPD機能」「Zero-Hour Virus Outbreak Detection機能」「ベイジアン機能」及び「独自アルゴリズム」の多段フィルター。

ウィルスメールの駆除

世界140ヶ国以上、1億ユーザー以上で採用されているウィルス検査・駆除エンジン(※)で、メールの添付ファイルを検査・ウィルスを駆除します。

従業員が誤って危険なファイルを開くことがないよう、「添付ファイルの中身」の検査が行えることがメリットです。

※法人向けITのセキュリティ及びデータ保護における世界的リーディングカンパニーのソフォス社(本社:英国アインドン)のウィルス検査・駆除エンジン。

注目機能

サンドボックスによる未知のウィルスを検出Sandboxing to detect unknown viruses

サンドボックスによる未知のウィルスを検出

AS/AV Filter提供装置で添付ファイルが持つ属性値(ハッシュ値等)等をサンドボックスエンジンでSophos社のウィルス定義ファイルに基づいたパターンマッチングによりチェックを行います。既知の脅威に基づくチェックだけではなく、実行した動作からウィルスを発見することができるため、未知のウィルスに対しても対応可能なことがメリットです。

※Advanced MailおよびPreminum Mail選択時のみ。

注目機能

添付ファイルの無害化Harmless file attachments

添付ファイルの無害化

「CWJ Secure One」には、3つのコースをご用意しており「Preminum Mail」(プレイミアムメール)や「Advanced Mail」(アドバンスドメール)を選択した場合に、添付ファイルの無害化を行えます。

Preminum Mailコースを選択時した場合

添付ファイルから、悪意のあるマクロ等、ウィルス感染、情報搾取のリスクを削除した「安全な添付ファイル」に再作成します。取引先との迷惑メールトラブルや従業員の判断ミスを防ぎ、自動で安全な添付ファイルを受けとれることがメリットです。

※Preminum Mail選択時のみ。

Advanced Mailコースを選択した場合

添付ファイルの内容に対してテキスト抽出をおこない、メール本文の末尾に展開して転送する「簡易的な無害化」もご利用いただけます。 添付ファイルに含まれる文章を、ファイルを開く前にテキスト化して読むことができるため、ファイルの安全を確認した上で、メールサーバー内のオリジナルのメールから添付ファイルを取得できることがメリットです。

※Advanced Mail選択時のみ。

注目機能

メール内容等からもリスクを排除。リンク(URL)無害化。Detoxification for URL

メール内容等からもリスクを排除。リンク(URL)無害化。

迷惑メールには悪意があるURLが含まれることもあります。メール本文内のウィルス感染や情報搾取の可能性があるリンク(URL)を安全なURLに書き換え、フィッシング詐欺や不正なサイトによる攻撃からパソコンをガードできることが、この機能のメリットです。

注目機能

なりすまし分析で標的型メール攻撃を発見Identify spoofed emails

メール内容等からもリスクを排除。なりすまし分析。

標的型攻撃メールは、信頼感がある機関や企業を語る「なりすましメール」でサイバー攻撃を仕掛けます。
なりすましメールの可能性がある場合は、件名に[“NARISUMASHI”]をつけてお知らせ。送信者のメールアドレスをチェックします。
あらかじめ「なりすましメール」を明確にしておくことで、メールの開封する際に慎重に対応できることがメリットです。

※Advanced MailおよびPreminum Mail選択時のみ。

注目機能

脱PPAP。メール誤送信による情報漏洩リスクを減らす。Reduce the risk of information leakage

脱PPAP。メール誤送信による情報漏洩リスクを減らす。

パスワードをかけたZIPファイルを添付したメールと、ZIPファイルを開くためのパスワードを記載したメールを別々に送る「PPAP対策」では、メールの誤送信に弱いというデメリットがあります。
添付ファイルリンクサービスのメリットは、メール送信後に添付ファイルを削除することができることです。万が一誤った宛先に送信した場合でも、添付ファイルの漏洩を防ぐことができます。

※Advanced MailおよびPreminum Mail選択時のみ(Standard Mailは有償オプション)。

10アカウントから導入可能なメールサービスをお探しの方はお問い合わせください。

「CWJ Secure One」は中小企業の方も利用しやすい、10アカウントからのお申し込みが可能です。従業員数が100名以下の企業の方も、便利なセキュリティ対策付きのWEBメールをご利用いただけます。メールによるサイバー攻撃から会社を守りたいという方は、気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

ご利用までの流れ

お申込みから最短7営業日程度でご提供できます。

STEP1
お客様

サービスご利用申込書をご記入いただき、郵送ください。
ご不明点がある場合、お気軽にお問い合わせください。

STEP2
CWJ

設定作業を行います。
データの移行作業が発生する場合は、データ移行のスケジュール等ご相談の上、日程調整させていただく場合があります。

STEP3
お客様

お客様のお手元に登録書が届き次第、ご利用いただくことができます。

21年以上の運用実績
安全・安心のCWJクラウドプラットフォームで運用します。

  • セキュリティ専用デバイスの導入、SOCによるセキュリティ監視
  • 機器冗長、HA機能
  • 自社データセンター・24時間365日障害監視
  • データバックアップ
  • 電話・メールサポート

料金

項目 Standard Mail 10
Standard Mail 30
Advanced Mail Premium Mail
初期費用 11,000円 11,000円 11,000円
月額費用 Std 10
1アカウントにつき
330円

Std 30
1アカウントにつき
440円
1アカウントにつき
880円
1アカウントにつき
1,320円
契約単位 最低契約10アカウント
追加10アカウント単位
最低契約50アカウント
追加10アカウント単位
最低契約3,000アカウント
追加50アカウント単位
最低利用期間 3ヶ月 3ヶ月 1年
以後1年単位のご契約
  • 表示価格は全て税込価格。
Standard Mail 10
Webメーラ、迷惑メール・ウィルスメール対策機能等が装備された法人向けメールサーバサービスです。
1アカウントにつき10GBのメールボックス容量付。
Standard Mail 30
Webメーラ、迷惑メール・ウィルスメール対策機能等が装備された法人向けメールサーバサービスです。
1アカウントにつき30GBのメールボックス容量付。
Advanced Mail
Standard Mail 10に標的型メール対策(サンドボックス)、PPAP対策「Mail File Link」がセットになったサービスです。
Premium Mail
Standard Mail 10に標的型メール対策(サンドボックス)、PPAP対策「Mail File Link」、添付ファイルの無害化機能がセットになったサービスです。

機能

項目 Standard Mail 10
Standard Mail 30
Advanced Mail Premium Mail
Webメール機能
スパムフィルター
アンチウィルス
サンドボックス
添付ファイル無害化
簡易ファイル無害化
メールコンテンツ無害化
Mail File Link(脱PPAP) 有償オプション

オプション

項目 Standard Mail 10
Standard Mail 30
Advanced Mail Premium Mail
シングルテナントによる提供 個別見積り
Mail File Link(脱PPAP) 初期費用:11,000円
月額費用:1アカウントにつき55円
標準提供 標準提供
メール誤送信対策&審査 初期費用:11,000円
月額費用:1アカウントにつき55円
Mail Archive 〜3年間保存 初期費用:11,000円
月額費用:1アカウントにつき253円
3年間超〜
5年間保存
初期費用:11,000円
月額費用:1アカウントにつき341円
5年間超〜
10年間保存
初期費用:11,000円
月額費用:1アカウントにつき440円
Webサーバ
ホスティング(※)
定価の半額
  • 表示価格は全て税込価格。
  • 基本料金と同アカウント数のお申込が必要です。
  • ※ 本サービス1契約につきCWJクラウドホスティングサービス契約をご利用いただけます。

株式会社サイバーウェイブジャパンについて

運用実績

運用実績 イメージ

21年を超えるデータセンターの運用実績

24時間365日体制での監視、迅速なトラブル対応を21年以上継続して行っております。

バックアップ環境

バックアップ環境 イメージ

三重DC・大阪DC・名古屋DCを接続した広域データセンターサービスを提供

災害等不測の事態が発生した際にも、お客様の大切なデータを保護します。

セキュリティ

セキュリティ イメージ

ISMS、ISMS-CLS等のセキュリティ認証を取得

クラウドサービスを運用する上で必要なセキュリティに関する各種認証を取得しています。

お客様が安心・信頼できるクラウドサービスを提供します。

株式会社サイバーウェイブジャパンは上場企業、自治体、教育機関、中小企業など幅広いお客様にクラウドサービスの導入実績があります。

国内企業のクラウドサービスは
株式会社サイバーウェイブジャパン