ニュースリリース

2013年07月26日

レンタルサーバー「共有ホスティング Gシリーズ Second Edition」の提供開始について

株式会社サイバーウェイブジャパンは、2013年8月1日よりビジネスでの利用に最適なレンタルサーバーサービスにおいて、ホスティング動作環境を強化し、初心者にも扱いやすい優れたユーザインターフェイスを備えた、新しいバージョンのコントロールパネルで「Gシリーズ Second Edition」の提供を開始いたします。

ホスティング動作環境の強化について

ウェブ機能の強化

ウェブ機能を強化することで、最新のMovabletypeやWordPress等の主要CMSを利用してウェブサイトの構築・運用を行うことができます。

ウェブ機能について(抜粋)

Gシリーズ Gシリーズ Second Edition
PHP php-5.1 php-5.3
Perl perl-5.8 perl-5.10
MySQL mysql-5.0 mysql-5.1
PostgreSQL postgresql-8.1 postgresql-8.4

遠隔バックアップ・DRサイトを標準対応

「共有ホスティング Gシリーズ Second Edition」は遠隔バックアップ・DRサイト対応のクラウドプラットフォーム「CWJ Cloud」にて運用を行います。これにより、バックアップデータを物理的に離れた堅牢・安全なデータセンターに保管することができ、データの保全性を飛躍的に高めることできます

なお、「共有ホスティング Gシリーズ Second Edition」各プランの容量・メールアカウント数の仕様や、月額基本料金等は現在ご提供させていただいている「共有ホスティング Gシリーズ」と変更ございません。

『新しいバージョンのコントロールパネル』について

新しいバージョンのコントロールパネルはParallels社が提供する世界中の多くの企業で導入実績のある高性能なサーバ運用管理ツール(コントロールパネル)で、数々の賞を受賞しております。コマンドラインを用いたサーバ操作や高い専門的知識を必要とせず、インターネットブラウザの管理画面で簡単にサーバの運用・管理が可能です。

なお、2013年8月31日をもって、現在の提供している「共有ホスティング Gシリーズ」の新規受付を終了させて頂きます。

 

サイバーウェイブジャパンでは、今後も多様なニーズに応えるサービス提供をしてまいります。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社サイバーウェイブジャパン
TEL:0599-44-5700(平日9:00~18:00)
E-mail: info@cwj.jp